葬儀をする際は専用のホールを借りるのが便利です

最近は、葬儀を専用のホールを借りてする人が増えました。必要な設備が整っているので、便利だと感じます。

葬儀をする際は専用のホールを借りるのが便利です

葬儀をする際は専用のホールを借りるのが便利です

昔は、葬儀と言うと自宅で執り行っていましたが、最近はほとんどが葬儀専用のホールを借りて執り行うと思います。
自分の親族でも、自分が物心ついてからは、全て葬儀は葬儀専用のホールで執り行ってきました。
自分も成人し、身近に葬儀があり手配をする側になった時に感じるのは、やはり「専用」のホールというのはすごく便利だということです。

まず、専用のホールは空調が整っています。
夏は涼しく、冬は暖かく、非常に快適です。
特に夏場は遺体のことを考えても涼しい方がいいです。
またどうしても葬儀に参列する人は高齢者が多いため、空調は大切だと思います。
昔のように自宅でやっていたのでは、親族以外の一般参列者は外で待つことになるため、大変つらかったと思います。
特にも服は夏は暑く、冬でも厚着が難しいため、大変だと思います。
次に親族控室が整っているのも非常に便利です。
親族が集まっても十分に寝られるスペースがあり、布団も必要数をレンタルできます。
また亡くなってから葬儀までは2,3日かかりますが、シャワースペースもあるため困りません。給湯室もあり、湯のみなども貸してくれるので非常に便利です。
中にはホテルのようにベッドルームがあるホールもあり、驚きました。
家で葬儀を行う場合には、ほとんどの親族は他のホテルなどに泊まるしかなく、その手配だけでも大変です。
そしてホールでは参列者は椅子に座れるというのは大変ありがたいです。
自宅での葬儀の場合は、和室で葬儀を行うことがほとんどだと思いますが、長い読経の間、正座を続けるのは結構大変です。
特に足の悪いお年寄りにとっては椅子のと言うのは大変ありがたいと思います。
ずっと座っているのも脚に負担がかかりますし、座ったり立ったりと言うのもしんどいので、イスの方がよほどラクだと思います。


何にしても、「専用」のものというのはよく作られていて便利だなと感じました。
お年寄りの中には自宅ではなく貸しホールと言うのに抵抗がある人もいるようですが、ただでさえ葬儀と言うのは大変なものなので、参列者のさまざまな負荷を少しでも減らしてできるのがいいと思います。

葬式でも話題の葬儀関連情報。ここのホームページをブックマークしましょう☆

Copyright (C)2017葬儀をする際は専用のホールを借りるのが便利です.All rights reserved.